ミナキのつぶやき

Dr.ミナキの目線・回診録
たま〜に つぶやきます

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/02/02 (木) | -
- | -
KIMG0288-1-1.jpg


地元全日本が終わりました。
出場した全員がポイントを獲得、
岡村以外は初ポイントGETで、二人が確実に成長しているのが嬉しいです。

岡村は、予選から急遽変更になったフリー走行での大転倒で、メインカーを使えなくしてしまったのがとても痛かったですね。
ほとんど走らせてないスペアカーなのでフィーリングの違を最後まで直せませんでした。
地元のレースなのでチームもライダーも気合いが入りすぎて空回りした感は否めません。


トップ集団とのラップタイムの差は毎周0.5秒位…メインカーだったらとタラレバを考えてしまいますが、これがレースです。

全員が確実にレベルを上げているのは間違いないのでそれぞれのスタンスで頑張って欲しいですね。

現場まで応援に来ていただいた方々本当にありがとうございました!











2012/06/01 (金) 17:05 | -
- | comments(0)
KIMG0188-1-1.jpg


スパ直入5耐CBR 250Rテスト参戦の続編です。

初期セットでの問題点…

.魁璽福漆米後にリアに荷重が移りだしてから、フロントタイヤがインを向いてくれない。

▲屮譟璽を掛けながら進入するコーナーでダンピング不足でフロントフォークが動きすぎる。切り返しでも同じ症状がでる。

ファイナルがショート気味。


対策…

.織ぅ薀奪廚バンプラバーにめり込むほどスプリングレートが足りないのでレートを上げたいところだが当然まだ物がないので、次善の策でリア車高を上げることに…。
幸いリアサスの取り付け部はスペーサーを挟めるタイプなので、またまたライスポ山下師匠に車高のデータは?!と遠慮もなく(感謝)聞いたところ、サス側で8ミリ上げたのが最高でそれ以上やったらフロント巻いて転んだ!!とのこと…
それもうちと違ってつき出しはノーマルだったらしいので、8ミリは遠慮して取り合えず4ミリアップで試すことに。

△郎0幣絽任ぅ侫ークオイルを準備していなかったのでセットを進めることはできなかったが乗った感じではダンパーロッド本体の問題で、あまりオイルを固くしてもどうなんだろう…と言う気もしているところ。
(オイルを固くし過ぎると突っ張り感が出てくるんでね…)

はブライドコーナーまでの登り区間と最終コーナー進入で3速が完全に吹け切ってしまってるので、またまたライスポ陣営に借り物競争(かなり図々しい…)。
前後のスプロケを替えてリア換算でで約0.5丁分ロングにセット。


結果として、予想通り1秒上がって51秒中盤(コンスタントに51秒後半)が出た。


インプレ…
,亡悗靴討蓮⊂しはよくなったがやはり対処療法でしかなくて、更にアクセルを開けやすくなった分今度はサスの底付き感と共にリアが出始めてしまった。

△和从していないので更にひどい事になって、車高が上がった分1コーナーのハーフバンクでのブレーキングでリアタイヤがアウト側にブレイクしたりするほど…。(こんな最新のレーシングマシンのような挙動が出る事自体驚き!)

は間違いなくこのファイナルの方がいい。もしくはリアをもう1丁小さくしてもいい位かも。
(お借りしたスプロケはライスポチームにデータと共にお返しした。当然決勝はそのファイナルで彼らは走ってました・笑)

決勝での順位は置いといて(笑)、50分と40分の連続走行をしたが最初から最後までまったくペースを落とすことなく、とても楽しい走行が出来た。今回のCBR のベストラップは2回目の40分走行の後半で出たものだが、楽に走ることが出来たのであまり疲れを感じなかった。

今の状態でのストレートは、ほぼノーマルと思われるニンジャ250と同じなので、モデファイされているマシンにはあっという間に抜き去られるが、逆にコーナーでは彼らが苦労しているのを余裕で観察しながら追走出来る程だった。
(そんなマシンのお陰で際どい隙間でも入って行けるので、もし怖い思いをした人がいたらこの場を借りてゴメンナサイ!!)

仮にパワー系は今のままでも、足回り、姿勢、ファイナルをちゃんと合わせれば、後1秒は上がるだろうから、現役ライダーが乗れば50秒前半、49秒もあるかな…。
今回はタイヤもレースっぽい物じゃなかったしね。
更にエンジンが少し煮詰まれば…
いや〜楽しみだね。

あとこのバイクは4速まではそこそこ繋がりがいいんだけど、4速から5速6速がむっちゃ離れている!!5速までで行けるコースはそんなセットにした方がいいと思うな。

今回のテスト参戦でいいデータが取れたので、つぎに走らせるのがまた楽しみだ。
また色々情報を載せていきます!

もっと詳しい話を聞きたい人はいつでもRSG に遊びに来て下さいね。
もうすぐ翔太用の3台目が入ってきます。

写真は、レース後の車両保管場所でいきなりライスポの撮影会になった2台のCBR 250R。
再来月号にライスポチームの参戦記事が載るようなので好ご期待!
山下さんは、筑波のRSG ピットにも遊びに来てくれました。
ありがとうございます!!
また情報交換しましょうね。

最後にこのRSG 号は、今年スパサン、CBR カップ、ST250など色んなレースに挑戦予定の吉松君のマシンでの参戦でした。
楽しく、有意義な時間をありがとう!














2012/05/17 (木) 23:17 | -
- | comments(3)

今回ミナキ自らスパ5耐に参戦したCBR250Rはこちらです。





まだまだ詰めていけば、もっといい仕上がりになることを確信した素晴らしいバイクです!

ブレイクすること間違いなし!! (^^♪








2012/05/17 (木) 10:05 | -
- | comments(0)
KIMG0235-1.jpg


筑波決勝終わりました!

18位チェッカーです。
一周目は25位から始まって少しずつ順位を上げました。

満足ではありませんが、取り合えずポイントが取れてほっとしています。

応援ありがとうございます!

天気もいいのですごい人でです。



2012/05/13 (日) 12:49 | -
- | comments(0)
KIMG0197-1.jpg


今年RSG ではCBR 250Rを5台走らせる予定なので、車体セットの方向性を知りたくてミナキ自らスパ5耐に参戦してきました。
(昨年翔太が乗ったVTR をシーズンオフに乗ってみるとセッティング的に50〜60%しか詰められていなかった事が分かり相当ショックだったので、今回はまず乗って見たかったと言うわけ。。。)

前日練習からライスポチームの山下さんからモテ耐時の車体の方向性を聞きながらの作業でしたが、初CBR の感触は抜群でした。
素性がいいというのが一番の感想。
単気筒だし形的にもそれほどレーシーな感じではないので、マシンを作って行く感じになるんだろうな…と覚悟していましたが、乗って見ると今のSSそのもの。
ハーフバンクでのブレーキングが安定しているので、フロントタイヤを使った旋回が容易に出来ます。
…なのでリアへの荷重移行がスムーズでグリップを発生させやすいライディングが出来るわけです。
『作る』と言うより、セッティングを『進める』感じで行けたのでとても楽しくて4本も走っちゃいました(笑)。
(反対に作る作業は結構苦しみも伴います…)


そんな感じでまずは前日HSR 九州であったCBR CUP参戦時のセットで走行。以下がそれ。

フロント‥
・突きだし15弌(ライスポ誌データ)
・オイル粘度UP。
・油面はHSR で色々試したが、結局ノーマルに戻す。
・エンデュランスのイニシャルアジャスターを装着しプリロードは標準値。
(動き過ぎるのは、減衰の部分から来ているようで、油面を上げるとストローク量が少なくなりすぎて、フロントが落ち着かない感じと旋回力が減って低速コーナーでネガが発生。現状ではスプリングのレート的には軟らか過ぎる程でもなく、作動スピードの問題が大きいよう。)

リア‥
・イニシャル最強。
(それでも、バンプラバーまでフルストロークしていて、スプリングレートが圧倒的に足りない。当然減衰力も足りないがレートに対しては合っているので取り合えずこれ以上は今回はやりようなし。)

以上の状態でまず1本走行し、タイムは52秒中盤。

インプレとしては、リアが底付きしているせいで、コーナーの中盤以降の開け出しの所でフロントがインに向いてくれない。

フロントの減衰力不足で、ブレーキングのギャップ通過時にストロークスピードが早すぎて安定しない。
切り返しでも動き過ぎる。

これを何とかすれば取り合えず1秒は縮まりそう…

2本目以降のテストのレポートはまたすぐUPします。
本当にかな…(^^;

写真はライスポでお馴染み山下さん。







2012/05/11 (金) 17:59 | -
- | comments(0)
KIMG0177-1-1.jpg


全日本選手権第2戦 筑波ラウンドに向けての事前テストに昨日から来ています。

各サーキットがリニューアルして昔を思い出せなくなっていますが、数十年ぶりに来た筑波サーキットは、あの頃と変わらず何かとてもほっとしましたね。

難しいS字もやはり昔のまま…





2012/04/25 (水) 07:16 | -
- | comments(0)



RSGで好評発売中!! 


 HRC ホームページ   http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/cbr250r/

もうすぐRSGに、HRC から発売されるCBR 250Rのレースコンプリート(ライフ仕様)が2台やってきます。
昨年からずっとCBR情報を気にしていた僕らとしてはとても楽しみ。
この2台以外にも検討中のライダーが何人もいてその反響に驚いていますね。

ミナキ的に一番嬉しいのは、このCBR が出た事でユースライダーのステップアップの選択肢が増えたこと。

確かに先に発売されたNSF 250は魅力的なGP マシンですが、170万円の資金を捻出してその後何年間も十分なレース活動を行える家庭がどれだけあるのだろうか。。。と考えてしまう。
現在の地方選手権のレベルではある程度走れる子は、すぐに国際ライダーに昇格しその後地方選手権の国際クラスに参戦しても得るものは少ないだろうから、やはり全日本選手権に出場することになるだろう。
ランキングを争おうと思えば活動費だけで数百万はかかるフル参戦の道しかなく、チャンピオンを狙うためには全く別の要素も必要になってくる。
かといってスポットで年3戦程度の出場ではレベルを上げるのは厳しい。
どのコースでもトップの実力を見せなければ上への階段は開かないのが今のレース界なので、なかなか1年、2年でその域に達するのは難しいのが現状でしょう。
数年間は資本投入する覚悟が必要になって来ます。 まぁこれが可能ならば、この選択肢が一番の方法だとは思うのだけど。。。

僕が思う一番重要な事は、子供達が感覚だけのライディングから、自分の思考で走りを組み立てられるようになるまで『競技を続けていく』という事。 センスだけではなかなかトップにはなれません。 成績だけに囚われないレベルを上げる「時間」が必要なんです。
九州のGP3の子供たちも素晴らしいスピードでコースレコードを破っていますが、さてこのまま気持ちよく伸びてくれたらいいのですが。。。ライディグ的に気になる部分も見えてきています。


このCBR を使って全国の各サーキットでCBR 250Rカップというワンメークレースが今年から始まります。
そこのチャンピオンクラスのライダーが11月に鈴鹿サーキットであるチャンピオン大会に出場出来るわけです。(RSG も毎年行っているNGK杯のときに開催とのこと)

更にそこでの全国チャンピオンにはアジア選手権の話であったり、NSF250でのレースサポートであったりと、色々と話が飛び交っています。。。
まだ確定的な物は決まってないようですが、どちらにしてもホンダやHRC は育成という部分に力を入れてくれているのがよくわかります。
そして何と言っても活動が低コストでやれるのが嬉しいですね。 どこかでコストを掛けないといけない時は来るでしょうが、その勝負どころまで続けられないと意味はありませんから。

全日本を転戦していると、レース業界の厳しさばかりを目や耳にすることが多いですが、こういった先に繋がるストーリーがある話は、嬉しいですね。それが例え小さな光でも。。。


そしてこのCBR 250は、大人たちが楽しんで参加できるレースの幅も広げてくれそうです。
茂木などでは、すでに250のレースが大人気ですし、今年からはスパ直入でも5時間耐久レースが行われます。(RSG からも3チームがエントリーします)


今後RSG では、ミニバイクからステップアップを考えるユースライダーをこのCBR 250Rを使ってじっくりと育てるカリキュラムを考えています。
これには、RSG とドリーム北九州がタイアップして行います。
HRC やホンダからの情報提供や、各メーカーさんにサポートをお願いしつつ、次世代のライダーを育てようというものです。
CBR250RコンプリートでRSGのスクールへ参加する場合の半額のサポートも考えています。(年齢規定あり)
まずは技術をちゃんと身につける。 ここが大切です。
しっかりと足元を固めてレベルを上げていけば必ず道は開けます。。。



CBR250Rスポーツベース車 好評受付中!! (Lifeコンプリート車) 

写真はイメージです。 車体は塗装されていません。

◆主な装着パーツ

・フロントゼッケンプレート
・クランクケース2次カバー  (レギュレーション対応)
・バックステップ
・スリップオンマフラー     (HRC開発)
・シートカウル          (FRP製)
・アンダーカウル        (レギュレーションに合わせたオイル受け)
・ハンドルストッパー      (レギュレーション対応)
・レース専用HRC製ECU   
(レース用マッピング、レブリミット引き上げなど、書き換え可能)
・HRC製ワイヤーハーネス  (レースECU用。不要な配線を取り除いたもの)
・バンクアングルセンサー   (転倒時エンジンを自動ストップさせる機能)
・チェーンガード         (レギュレーション対応)
・ハンドルS・W         
 (ハンドシフターSW・クラッチを握らずにアクセル全開でシフトUP)
 (ピットレーン速度制御SW、2種類のマップを切り替える事が出来るモード切り替えSW)
・レーシングスタンド用ボス


◆販売価格   472,000円
         
 (別途HRCから配送料21,000円がかかります)  




★更にリーズナブルで遊びたい方向けには・・・

◆販売価格   407,000円のスポーツ仕様もあります。
          
 (別途 配送料21,000円)

【装着部品】

・スリップオンマフラー
・レース専用HRC製ECU
・HRCワイヤーハーネス
・バンクアングルセンサー
・ハンドルSW
・レーシングスタンド用ボス



2012/04/11 (水) 21:42 | -
- | comments(3)
KIMG0159-1-1.jpg


暖かくて最高です(^^)v




2012/04/08 (日) 10:44 | -
- | comments(3)
KIMG0149-1-1-1-1.jpg


開幕戦でもあり、天気もいいのでピットウォークはなかなかの人出です。

岡村は一周目に順位を落とし結局17位でチェッカーでした。。。
まだまだベースタイムを上げないとレースになりません。

写真はネットTVモトポットの垂見さんからインタビューを受ける岡村です。
モトポットのお陰でファンはずいぶん増えているようですが、もっとファンを喜ばせる結果を残さないとね。

さて…今から片付けて明日の昼に九州に帰り着けば上出来かな…






2012/04/01 (日) 13:41 | -
- | comments(0)
KIMG0108-1.jpg


岡村は昨シーズン、後半2戦の決勝で転倒を喫しています。
それぞれ原因ははっきりしていますが、やはりこういう連続は早く止めないといかんです。

新品カウル無事に戻ってこいよ。


2012/03/31 (土) 23:09 | -
- | comments(0)