ミナキのつぶやき

Dr.ミナキの目線・回診録
たま〜に つぶやきます

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/02/02 (木) | -
- | -
 
先日サスのメンテでRSGに預けられたCB1300SF。



色々話しているうちに、今年はスクールで上手くなって仲間に抜け駆けしたいんでツーリング仕様(本人さんは見た目仕様と言ってましたが・笑)からライディング仕様にしたいというご希望。
オーナーさん的には、リアサスを社外のものに交換し硬くなった事でフロントがずいぶん柔らかく感じるとの事。 フロントに社外のスプリングを入れた方がいいのか・・・3万キロも越えているのでフロントフォークのOHで済むのか・・??というところで迷っている感じです。
今までノーマルに近いネイキッドをサーキットで試乗しても、一般のライダーがフロントスプリングを変えないといけないほど柔らかく感じた事はありません。なのでOHで充分なハズですと話しつつ・・・色々と相談に乗る事に。

まずはという事で、ちょっと跨って見ると・・・
ハンドルが高くてちょっと殿さま乗りになりますね〜。
それに対してステップ高くて後ろ過ぎませんか・・・
フォークは押してみると確かに油面が下がってる感じがありあり・・
リアサスもいい物が付いていますがセットが硬い。
そして一番問題だったのがフロントブレーキにニッシンのラジアルマスターが付けてありましたがそのタッチが・・・(-_-;) 硬い、遠い。







オーナーさんの話にはあまり出なかったのですが、ミナキが一番気になったのがこのブレーキです。ブレーキを制する者がライディングを制するとボクは思っているほど大切なパーツなんですが、これではちょっと怖い・・・(+_+)。
公道では相手の命も守るし、自分の命も守ります。
ライダーさんも怖くて強く握れないとの事だったので、もうノーマルに戻しませんかと提案しましたが何故か話はブレンボマスター装着へ(笑)。
 
そしてステップ位置に対しフォームのバランスが崩れますね・・という事でハンドルを少し低い物に変更することに。

フォークはオイルの劣化と、何より油面下がりが予想できたのでOHするだけで劇的に良くなると判断してスプリングの社外への変更はなしに。(予算をブレンボに取られちゃいましたしね・笑)
リアサスは後付けのショウワサスをミナキが乗ってセッティングする事にしました。


作業が終わりいつものテストコースで走らせてみると、一番の安心感はブレーキ!
微妙な入力調整がしやすいブレンボのマスターは最高です。
まずはネックのブレーキ問題がなくなったので、今度はボクが乗っても硬すぎるリアサスのプリロードをどんどん抜いていき適度にストロークするレベルまで調整。 
そうすると今度は動きが速くなりすぎたので減衰のCOMP側(縮み)を強くして抵抗感を出してやります。

またバラした時に明らかな油面下がりと、オイル劣化を起こしていたフロントフォークも正常だとまったく問題なく機能してくれました。そのうえで社外のリアサスがしっかりして姿勢が前下がりになり過ぎているのでプリロードはスタンダードより4mmほどかけました。


よくサスを動かせたいためにプリロードを極端に緩めるライダーさんがいますが、今度は動きが速くなりすぎて路面からの接地感(グリップ感)がなくなってしまっている事があります。こうなると安心感が無いので思い切って倒しこめなくなってしまうのです。
また同じ理由から、逆に硬い方が接地感が出るのでどんどん硬くしてしまって許容範囲のとても少ない(ストロークをあまりしないので)神経質なサスのセットに行きついているライダーも多いですね。

ストロークの量と、動くスピード(タイヤのトラクション(つぶれ))のバランスを上手くとるのがサスペンションのセッティングです。(旋回性うんぬんはその先ですね)


ハンドルの高さもいい感じで気持ちよく走れるので、止まってはセット変更してはさらに先へ・・・と気が付いたらずいぶん遠くまで・・・(笑)。
もちろん!お客様のバイクでコーナーリングを楽しんじゃったりはしていません!^_^;・・・これはセッティングの仕事です・・・ん、でも今のところセッティングでお金もらっていませんね〜(笑)。


CB1300SFちょっといいな・・・









 


2013/06/26 (水) 23:38 | メンテナンス
- | comments(3)

スクールでは参加者のバイクに試乗するメニューがありますが、このメニューが結構人気!

カスタム車のセッティングの方向性をインストに確認してもらったり、普通に走れる車両かどうかを確認してもらうわけです。

最近では600ccのレース車両をネットや個人売買で安く買ってきて、サーキット走行を楽しむ人が増えていますが、これが要注意です。

先日のスクールで03年型のCBR600RRのレース仕様車の試乗したのですが、これが怖かった!
走り慣れたコースなのに膝が擦れまないほど(笑)。

スクールの中では、詳細が分からないので、ショップに持ってきてもらって見て見たところ、出るわ出るわ…

ざっと上げるとセット的には…

・リアサスのガスが半分以下。

・リアサスのスプリングレートがオプションで出ているなかで最弱の物が装着されていた。。

・フロントスプリングが全日本ライダーレベルのレートの高い物が装着されていた。

・油面が20舒幣緜磴ぁ

これでは普通に走れないのも当たり前。極端に後ろ下がりで、まともに旋回に入れないわけです。

スーパースポーツは、コーナーリングしやすいバイクですが、バランスが崩れていると逆にまともに乗れないという事も起こるので、おかしいな〜と思ったらちゃんとショップに見てもらいましょう。


スタンダード0.95のバネレートに対して両側とも1.0のスプリングが入っていた。


KIMG0537-1.jpg



KIMG0535.JPG


CBRはリアサスのキャップを外すとバルブが出てきます。
特殊バルブでチッソガスを注入します。








2012/09/07 (金) 21:48 | メンテナンス
- | comments(2)
 
最近はニンジャ250に始まり、CBR250Rの発売とミドルクラスが少しずつ面白くなって来てますね。



こちらはレストア(?)中のVTスパーダ。

これでSPAのレースやサーキット走行を楽しむ予定のYさん。マシン作りも楽しいですねよ〜(^_-)-
10万くらいで買ってきてレースが楽しめたら最高です。


流石にフロントフォークオイルは変な匂いがして別のものに変化していました(笑)。
インナーパイプに若干錆が出ているのでとりあえず研磨して様子を見ることに・・・。
油面とオイル番手の変更とイニシャルァジャスターを取りつける予定。
スクールの中でボクも乗って見たいですね〜






そしてこっちは選手権に参戦している翔太のVTR250のリアサスとスパーダとNSR250のサス。

選手権を走る高校生ライダー翔太の今年は、お金をかけずまずは17インチに慣れよう!というのが目的でしたが、流石に彼の走りのレベルにVTRの「足」が悲鳴を上げています(^_^;)。
いつも底付き状態なので最終戦に向けてチーム員が持っていたバラバラになったNSR250のサスをOHしてを装着してみます。
セット長も7mmほど長くなるので、フロントに荷重不足のVTRにはいい方向でしょう。
まぁ走らせて色々セットしないといかんでしょうが・・・ユースライダーは何でもそれなりに乗っちゃうからなかなか難しいんです・・・・^_^;

ミナキのレースデビューもSP125というクラスにRZ125で出場した所から始まります。
『パワーの無いマシンをどう走らせるか』は・・・『パワーをどう使い切るか』・・・という事に繋がります。
ライダー翔太は悔しいでしょうが、ポテンシャルで勝るニンジャ250を追いかけているこの1年で彼は間違いなく成長している事でしょう。








2011/08/24 (水) 12:22 | メンテナンス
- | comments(0)

 毎年この時期はフロントフォーク柱がた立ちます(笑)
足回りはコーナーリングの基本。
「自分はサスとか分からないから関係ないです・・」と言うライダーがよくいますが、大きな間違いです!
上手い下手関係なしにどんなライダーでもバイクを感覚で走らせている訳ですから、怖い状態になっているのバイクは誰が乗っても怖いのですよ。(逆に怖くない状態のバイクを怖い怖いというのはまだまだ練習不足・笑)  

      
       色とりどりの見事なフォーク柱・・・・ 
       これでもだいぶ減りました・・・  




これはCBR600RR’08  倒立フォークは正立よりオイルは汚れにくいけど
全く汚れないわけではありません。 特にサーキットではフォークオイルの油温が100℃になる事もある過酷な環境ですから、一般道とは考え方を変えなくてはね(^^♪ 



RSGのOHではブッシュ類やオイルは変えてもオイルシール類は変えないこともあります。
サーキット専用車でオイル漏れでOHするのではない時は、距離にもよりますが換えません。
それよりシールを新品にした時のフリクションの方が気になりますね。
新品シールは明らかに堅く感じますから、2時間程度は慣らしが必要になっちゃいますから(^_^;)。


正立のフォークはサーキットを10回以上も走れば(SPA直入なら1500kmくらいかな・・)真黒になって動きすぎて乗りにくくなります。 
まったく換えた事ないとか言う人は劇的に乗り味が変わって逆に乗りにくいと感じるかも。。。(^_^;)。 
そしてオイル交換時には油面はシビアに!!
交換して全く乗れなくなり、調べてみたら油面失敗というのも何度も見てきました・・・。

リアサスも同じです(^^)/
サスのボディーに着いているタンクは窒素ガスが入っていますが、普通のエアバルブ(タイヤのものと同じ)で密封されています(それは漏れるだろ~!)。 

あそこの窒素ガス圧は10〜15kgf/c岼漫中には20k以上の車種もあるんですよ(・_・;)。
RSGでガスの注入をする時に調べると、1年で15k→10k位。 20k→13kくらいまで落ちています(・o・)。
10年以上前のバイクに入れると限りなく『0』に近いです(笑うしかない)。 
これに「注入〜!<(`^´)>」・・・すると「別のバイクみたいで乗りにくい!」を連発します(苦笑)。
でもこれが本当。 一日も乗ってればタイムもどんどん上がって来ます(^^)v。

このあたりをちゃんとしないで、「イニシャルがどうの、車高がどうの」って・・・・余りにも意味不明のセッティングになっちゃいますからご注意を!

さあ今年も気持ちのいい足回りでライディングを積み上げていきましょう(*^^)v




   











2011/03/11 (金) 12:22 | メンテナンス
- | comments(2)
 イベントのない時期はRSGは何をしているんですか・・?
こんなことを時々聞かれるがシーズンオフの方がRSGは忙しいかもしれない。
(ストーブばかりばらしているわけではない・・・笑)

まずイベントの内容を決めるところから始まり、日程、金額・・・etc。 毎年同じことをやっていればルーチンワークだろうけど、そんなんじゃ参加する人は面白くないだろうし、だいたい自分がつまらない・・。
そんなんでPCの前に一日中座ってあーでもないこーでもないとやっている日々があるかともえば、
チーム員や、参加者のマシンメンテナンスが集中するのもこの時期(+o+)。
今年は特にエンジンのOHの依頼が多くてフレームだけになったバイクが何台あったことか・・・
メンテの大切さを理解した・・・というか違いが感じられる、ライダーが増えたってことかな・・・嬉しいね。 今回のシーズンオフのメンテキング(なんじゃそりゃ!)は下の裸のバイクかな・・・



エンジンのフルOHに始まり、前後サスOH、ベアリングというベアリング、駆動系、ブレーキシステム、液体という液体は全て交換じゃ~




中にはこんなのも・・(-_-;)・・・表側はきれいなのにね・・・

マシン‘03のCBR600RR
エンジンはちょこちょこメンテはしていたが、ベアリング類は交換したことがないということで一気にやってしまった。
ここまでやると気持ちいいね〜押しててもすいすいって感じ(^^)v



メンテで生まれ変わったマシンがあると思えばこれから生まれるのがコイツ・・・
2010年CBR600RR! 10年モデルといっても変わったのはキャリパーピストンのみなので少しさびしい・・・。
向こうにくつろぐのは旧型コムギ号(つちのこブログ風・・)



ST600用のパーツも到着していざサーキットへ!


さてこれは何のベアリングでしょう?
UFOみたいで可愛いけど、ホイールバランサーのベアリング。
半年に一回変えてやると喜んでくるくる回ってくれます(^^)/



そしてマシンのメンテが終わればライダーも冬眠から覚めてもらわないとね!
RSGレーシングファミリーの皆は3月くらいから始動かな。
RSGレーシングWithフィービーはひと足早く始動してるけど、今年はST600のライダーが5人になったので選手権前には必ず合同練習合宿をする予定。 

その第一回は2月27日(土) HSR九州 夜はロッジに泊まってミーティング。 もちろん酒なしでね(笑)。
きっちりテーマを決めて練習&テストすることが確実なステップUPにつながるから、今年の皆の成長が今から楽しみでしょうがない(ワクワク・・)

他のチームのライダーも同じ日に練習してくれるとますます盛り上がるんだけどね。 みなんで九州のレベルを上げて全日本を迎え撃ちたいところだ。








2010/02/12 (金) 19:07 | メンテナンス
- | comments(0)



ライディングを愛するすべての皆さん! 明けましておめでとうどざいます。
今年も昨年同様、間をあけずにどんどんUPしていこうと思っていますので、時々でいいので覗いてみてください(笑)。 

しかし今年は寒いお正月ですね・・。
暖冬という話がありましたがガセネタ??
最近ではマシンのメンテナンスをしっかりすることがライディングの上達につながるという意識が浸透し始めたのか、シーズンオフに愛車をRSGに持ち込むライダーが増えて嬉しい悲鳴です(笑)。(増築した倉庫が満車状態・・(^_^;))

新車であればまだしも(本当は新車でも怪しいけど・・)、5000キロを超えたに2輪車は既に別のバイク!になっていると言っても過言じゃありません(+_+)。
一般公道ではじわじわと進行するその症状に気が付かないでしょうが、同じ所をクルクル回るサーキット走行ではライダーは気がつかなくても、そのバイクの症状に合わせて自然と走り方を工夫してしまうんですね。(これは怖いです・・)

『僕は鈍感で何に乗っても一緒ですから関係ないですよ〜(^^)/』

と言ってるライダーでも実は同じです。 なぜならバイクは自立しない乗り物のなのでどんな鈍感なライダーでも絶対に前後のバランス、左右のバラインスを感じて走らせているわけです。 鈍感敏感関係なくそのばいくの特性はライディングに影響するですね。

インストのJMが「別のバイク」と感じるノーメンテバイクに試乗した場合、そのバイクをうまく走らせるために「数周」で本来の別の乗り方とは違うライディングをする事になるわけですが(普通に走るとコワいので・・)、鈍感と思っているライダーでも「1年」乗り続ければ少しずつそのバイクの乗りやすい方向へ進みます。 本来はもっと自然に乗れるはずなのに「より怖くない方向へ」修正していくわけです。

そんなこんなで、マシンが悪いのかライディングの考え方が間違っているのかはその人のマシンに乗ってみないと分からないな〜と言うのが色んなライダーのバイクを試乗した感想ですね。

ライディングに飽きつつある人は、今年はもっとマシンの勉強をする1年にしてもいいんではないでしょうか(笑)。
モータースポーツはまれにみる経験のスポーツです。 マシンを操る感覚を磨いていけばどんどん上達するんです!
怪我で歩くことも出来ない選手が、その他の選手と遜色ない走りが出来るの何故か?? それは走っているのはバイクであって、ライダーではないからです。 ??ですか?
問答みたいですが、ライダーはマシンを感じ、それをうまく走らせようと操縦をしているだけだという事です。
他のスポーツで鍛える、筋肉、筋、骨、にあたる直接パフォーマンスを発揮するものがマシンなんですね。さすがに4輪よりマシンに頼る割合は少ないですが(だからまた楽しい)、体を動かすスポーツで40歳の選手がトップクラスで活躍できるのはこんな理由からですね。 その経験値を生かすためにはまともなマシンでなくてなならない訳です。
(JMだってノーメンテのバイクでは、皆さんについて行く事も難しいんですよ(*_*))



◆今年はマシンのメンテナンスをちゃんとやりましょう(^^)/

・F&Rサスのメンテ。
*これが一番大切です。(フォークオイルは3000km以内で交換です!/Rサスの窒素ガスは3000kmで7割以下になっています!)



3000kmのフォークオイルと新品

・チェーンのメンテ。
・プラグのメンテ。
・オイルは当然距離管理をして。
*サーキット走行は公道の走行距離の倍以上で計算してください!


◆もちろんスポーツですから体のメンテも大切ですよ(^^)/
*最低限のメンテナンス

・下半身のメンテ。
≪目安≫
『階段を2段飛ばしで上がってもゼーゼー言わない位の筋力と体力を維持しましょう!』
『腹筋、背筋を20回以上は続けてできる筋力状態を維持!』

・上半身のメンテ

≪目安≫
『腕立て伏せを20回以上続けてできる状態を維持!(ちゃんと顎まで付ける)≫

どうですこれを読んだら早速やってみましょう。 そんなに難しくないでしょう!
これが維持できれば60歳を過ぎたってモータースポーツを楽しめること請け合いです!

詳しいライディングトレーニング方法は、RSGのライダー、そしてカワサキの柳川選手、BEETの西嶋選手もトレーニングに通うPHOEBE(フィービー)へ相談に行ってみてください。(右上にバナーあり)


これからのモータースポーツは生涯スポーツです(^o^)丿
今年も一緒に頑張って(笑)遊びましょう(^O^)/


2010/01/02 (土) 14:48 | メンテナンス
- | -
最近サスペンションのメンテの依頼が多いです。
フィーリングが分かるほどレベルアップした人が多いのか・・・?
それとも限界を感じてマシンに頼ろうと思っている人が多いのか・・・楽しい
どちらにしても街乗りとは比べ物にならいくらい消耗するのがサスペンションです。
特にフロントサスペンションオイルはカートリッジ式といえどもサーキットを頻繁に走る人ば長くても1年に1回、感触が変わるのが嫌なら半年に一回の交換がお勧めです見る


今回は、レースベースのスプリングのレートがこのライダーには少し硬そうなので変更します。フロントはイニシャルを最弱で使用していましたので0.95⇒0.90へ。
右が固い方。巻きが一巻き多いですね。


リアは、前オーナーが標準より一つ硬い11.5を使っていたので、標準の11.0へ変更レンチ



リアのストロークはこんな風にタイラップなどを付けますがスプリングを外さないと美しく付かないんですよね・・。このライダーはイニシャル最弱で半分も沈んでいませんでしたから、残ストロークだけでは一概に言えないこともありますが、今回は明らかに硬すぎだったのでしょうね。



「サスペンション分からん・・・」というライダーがとても多いですが初めから分かる人はいません、やり方を指導してもらっていろいろ試していると必ず分かるようになりますよ。これはいろいろな人を見てきた実感ですね嬉しい

そしてセッティング変更より大切なのがメンテ! 新車時と5000キロ乗ったバイクではセッティングをごろっと変えたほどの車体の動きや、姿勢に違いが出ています。
『よく分からないからセッティングはいじらないんだよ。』これはこれでOKですが、実はいじらなくてもどんどん変わっていってるのがサスペンションの状態なんですね〜お―怖冷や汗
うまく走れないのは腕が落ちたのか、マシンのせいか・・?マシンを疑ってメンテをしてみる・・・すると今度は変わり過ぎて(実はそれが普通の状態)余計うまく走れなくなる・・。結構よくあるパターンですね泣き顔
そうならないように定期的にメンテをするのがライディングを楽しむライダーの心得ですねモータースポーツ




2008/09/30 (火) 11:02 | メンテナンス
- | -
1