ミナキのつぶやき

Dr.ミナキの目線・回診録
たま〜に つぶやきます

一定期間更新がないため広告を表示しています



2017/02/02 (木) | -
- | -


最近は8耐プロジェクト掲示板への投稿やサポーターの皆さんへのメール配信、

サポーターライングループへの投稿、

チームメンバーへの配信で全く手いっぱいなもので、

掲示板の記事をこちらに転記しておきます。


................................................................................





鈴鹿の合同テストへ参加してきました(^^)/
このテストは、8耐エントリーチームだけが参加するので一部のトップチームを除いてかなりのチームが参加します。

2日間開催され、3時間×2日で6時間も走行出来ます。
ただタイヤも限りなくあるわけではないので、車体のセットとコース攻略を効率よく行わなければなりません。

ミーティングの中で鈴鹿サーキット側から今年のエントリー台数が84台(そのうち15台位がSSTクラス)と発表がありました。その瞬間少しどよめきが・・・笑。
これだけエントリーが集まるのは僕が走っていた90年代以来ではないでしょうかね・・・(^_^;)。
昨年まで予選落ちはなかったのが今年は18台が落ちる事になります・・。
タイム順での予選なので戦闘力の劣るSSTの僕らとしては、予想以上のエントリーの増加に「必ず完走!」の目標から、「まずは予選通過!そして完走!」となってきました。

そんな状況に力んだわけではないのですが、1日目にまさかのミナキがやってしまいました。。。マシンは今澤メカがなんとか修復してくれて二日目の走行には間に合いましたが・・・何とも面目ない(^_^;)。

そして二日目のドライ走行で、西山尚吾が2分17秒前半には入りました。
東野賢悟はまだまだ鈴鹿攻略に時間がかかっています。
そして皆木は手首の手術をする羽目になり現在リハビリ中です!
先生の話では間に合うとの事なのでそれを信じて頑張っています(^^)/





................................................................................







 



2015/06/18 (木) 14:10 | -
- | comments(0)

HPのメディアコーナーにトレーニングについての記事をアップしました。

ライディングのためにトレーニングを考えてる人は

ぜひ参考にしてみて下さい。


ライダーのためのトレーニング<前篇>

※ 月刊ウィズバイク掲載









 


2015/06/01 (月) 16:22 | お知らせ
- | comments(0)
2015年今年も始まりましたね。
今年は何回ブログを書くんだろ。。。笑
有言実行を信条としているので出来ない回数目標は書きません〜
ときどき覗いてくれてる方!スミマセン<m(__)m> *そんな方がいるんだろうか・・
ここで年初に謝っときます!

まぁ今年も忙しくなることが確定してますんでね。。。そう8耐を3年計画でやります。今年はその1回戦。
なぜか皆木自ら20数年ぶりに走る事になってしまったんで。。。でもやるからには妥協はしませんよ。
50歳のおじさんのど根性見せます。
でも見せるのはど根性だけです。速さではないので勘違いしないで下さいね(笑)。

体のトレーニングの頻度を上げ、バイクのトレーニングもどんどんやっていきます。
なので。。。ブログはまたいつものような感じだと思います(^_^;)。
どうしても皆木の書いたものが見たいという有難〜いお方は、2カ月に一回『月刊With BIKE』さんに「ライディグクリニック」というページをやらせてもらっていて、それをRSG HPに載せているので読んでやってください。
あれ書くの結構エネルギー注入〜!!して書いてるんで、文章書く欲求はほぼ満たされちゃうんですよね。
基本的に僕は何か書きたいたちで。。。「バイクブロス」って雑誌でも10年以上書いてたし・・・いやホントですよ(笑)。

でもTOPページの下の方にある、「8耐チャレンジの掲示板」は8耐サポーターの方への約束ですからサボりません。
これは言っちゃいます! 有言実行です。


話は変わりますが、昨年から基本練習会という「街乗りを安全に上手になる」ためのイベント(練習会)を飯塚オートの駐車場を借りて始めました。
毎回40人を超える申し込みがあって僕らもびっくりしているのですが、それだけ上手になりたい人が多いんですね。
今年も2500円という値段は変えずに頑張りたいと思います。






そんなんで最近はジムカーナ系のマシンも預かったりします。
これもバリバリ練習されているライダーのハスクバーナ。(この手のバイクって前後サス外すとすごい不安定なんで脚立まで使って固定!)
かなり速いライダーですがまだまだマシンに不満があるようで持ち込まれました。
メニューは前後サスのオーバーホールとストロークカット。
セッティングは色々試したが、やはりストローク量が多いいために加重移動が大きく、切り返しが遅い。。。
重心も高いのでターンまでに時間がかかる。。。など乗れるライダーならではの的確なコメントです。
で、ストロークカットとリバルビングでもっとキビキビ走れるようにというのが狙いです。
さすがにストロークカットはRSGでは出来ないので、今回はRSG選手権組のサスチューニングでも付き合いのある「テクニクス」さんと相談して作業をお願いすることに。。。テクニクスはオフロードやモタード系に強いのでハスクのデータも持っていて安心して任せる事が出来ました。
まぁポン付けで全てが上手く行くはずもないので、これからのセッティング次第でしょうね。
でもそれがまた楽しいですよ。










テクニクスが取り扱っているこのSKFというフォークシールがすごいです。
フリクションがホント少ない・・。サスにフリクションは最大の敵です!
最近は知っている人が多いので、もうこうして書いちゃってますが、しばらくは誰にも教えたくないほどのよさでした・笑。
RSGレーシングでは数年前に西山尚吾選手のマシンからテストを始め、あまりの良さにすぐに他のチーム員にも導入したほどです。使い古した純正シールより全然フリクションが少ない。なおかつライフも問題ありません。


基本練習会では僕もジムカーナコースを走ってみましたがサーキットの技術が結構そのまま使えるのですごく面白くて。。。参加者そっちのけでタイムアタックしてしまうほど。(遂につちの子に怒られましたが・・・(^_^;))
タイヤの進化のせいだと思うですが、昔のジムカーナとイメージが違っていましたね。
ちょっと走っただけなんで偉そうなことは言えませんが、今年はちゃんと練習してみようと思っています。













 


2015/01/17 (土) 21:47 | -
- | comments(1)
 
全日本第2戦のもてぎ大会では、転倒に巻き込まれながらもポイントを獲得して現在ランキング2位を死守している岡村選手。
前戦の地元オートポリスでの初優勝は大騒ぎでした。

岡村にとってこの6年は短かったのか長かったのか。。。


ただの街乗り小僧にしてはやけにブレーキングが上手だった彼を、選手権に誘ったのが2008年。
その年の夏に本格的にサーキット走行を開始した。


HSR九州を走る岡村。
ストップ&ゴーのこのコースしか走らせなかった。



半年でメキメキレベルを上げ、翌年の2009年九州選手権へフル参戦開始。
2年間で結果を出せと両親に言われ、レース経験を積めるからとST600の国内、国際両クラスにWエントリーした。
レース経験もないライダーが一日2レースとかちょっとありえなかったが、とにかく2年で!!、が彼の頭にはあったんだろうね。
そして初戦でいきなりWウイン! 
あの頃から決勝で自分の力を出し切るメンタルの安定度は抜群だったね。 
ちゃんと走れたレースはほぼ優勝。 サーキットを走り出して1年のライダーがベテラン勢を抑えて九州の国内国際のWチャンピオンを獲得した衝撃のシーズンだった。

更にフィービーのサポートのおかげで、鈴鹿4耐にも参戦。 鈴鹿NGK杯では17秒を出してぶっちぎりで優勝した。

2009年は教えれば教えるほど吸収して、結果も出してどんどん速くなったね。
岡村はスピード調整能力が良くて、常に同じ走りが出来る。 同じ走りが出来るという事は、さっきの周と今の周のどちらがいいのか分かると言う事。
それとバランス感覚がすごくいい。 通常膝を擦って走ると路面への押しつけ具合でバンク角や体の落とし具合をコントロールするので、それなりにバンクセンサーは減るものだけど、岡村は1年使ってもほとんど減らない。 上手にバイクと上体のバランスを取っているんだろうね。  




ミニバイクコースでも練習会をした。
岡村は1回走りだすと延々と走り続けていた。





鈴鹿4耐前、練習不足を補うためのビデオ研究。
手前右はこの後国際ライダーまで上がり、チームSUGAIから8耐にも参戦した蒲谷選手。
彼もバイクに乗り始めて数年で8耐まで駆けあがった異色のライダー。
免許取得はなんと三十代後半!




2010年は全日本デビューのオートポリスで予選5位。(決勝中止)。 鈴鹿MFJGPは11位。
2年で結果が出るスポーツなんてあるわけないだろ!・・・とよく話したけど、「やめる訳にはいかない結果」を出した2年間だったね。

まだまだトップライダーのライディングをしていない彼が、壁に当たらずにどこまで伸びるんだろうと興味津津見ていたけど、2011、2012年にRSG&ドリーム北九州でフルエントリーした年がそれだった。。。
悪いところは明らかなんだけど圧倒的に経験が足りない彼は、それを修正する引き出しを持っていなかったね。 それとギリギリのチーム体制で選手としての余裕を持たせて上げられなかった。 
でもあの2年で考える事の大切さが身に沁みたと思う。 

昨年はそれまでお世話になったホンダさんには本当に申し訳なかったけど、レースを続けられるかどうかの瀬戸際の中で、レンタル移籍でツキギさんに預けたアジアチャレンジだった。 
初めてのコース、初めてのカワサキマシンで色々勉強出来たことで走りの幅が広がったよね。 本当によく伸びてくれたと思う。
アジア選手権のオートポリスラウンドで走りを見た時、ずっと課題だったコントロール力が上がっているのに驚いたよ。


レースを始めて5年で海外のレースを体験出来るなんて幸せだ。



今回の優勝は、地元サーキット、昨年も履いてたDL、と有利な要素はもちろん多かったけど、それを勝ちきるメンタルの優秀さは相変わらずだった。 『勝つイメージしかないです!』 とまだたいしてタイムが出ていない時から公言していた。 アスリートとしてプラスのイメージを持つほど大切な事はないからね。 充分ありえるな・・・と思っていた。

まだまだライディングを進化させないと。。。と心配のネタは多いけど、最近の走りを見れば伸びシロはまだまだあるから、どんどん進化させてチャンピオンを取って欲しいね!


そしてもう一人嬉しいライダーが!
オートポリス、もてぎレース1、更にタレントカップといきなり連続で優勝した九州のライダー。
そう鳥羽海渡くん!
NSF100でスクールに来ていた頃を思い出すな〜
スクールの模擬レースで、CBR1000RRに乗るボクに負けて、微妙な表情をしていた海渡くん。。。



まだ背がちっこい海渡、向かって右には今年も鈴鹿4耐にチャレンジする尚樹。
みんな頑張れ!!



彼はあまり喜怒哀楽を表に出さないけど、そもそも心の振幅の幅が少ないのかもしれないね。
それが大会本番でいつもの実力を出せる最近の若いスポーツ選手の特徴だな。。


全日本を制した九州のニューヒーロー二人。

「しっかり先を見て」。。。そして「じっくり今の自分を進化」させて欲しいな。。。













 


2014/05/14 (水) 00:22 | -
- | comments(0)
 
いつもバタバタしているんだけど、今年は特に仕事が追いついていない・・・
仕事の段取りが悪いのか、能力が落ちたのか・・・
イベントのスケジュールが悪いのか、レースのスケジュールが悪いのか・・・
など理由を考える間もなく前半戦終了^_^;。

毎年3月位からGW終了まではもともと息つく暇が無い。。。イベントも始まるし、レースも例年なら3月末から九州選手権が開幕! 4月にオートポリスの九州第2戦。 そして5月中盤に地元全日本といういい流れなんだけど、今年は全日本がひと月前倒しで組み込まれた!!
しかしHSR九州での九州選手権初戦はいつも通り3月末。
という事は九州第2戦オートポリスは、全日本の後だろうな。。。と勝手に思っていたらしっかり間に入って来ましたよ・・(+o+)。

2週間ごと3レース!! いやいや甘い! 
九州R1、R2の間の週には、CBRCUPという隠れキャラ・・・ではなく重要なレースがハマり込み、3週連続・・・。 そして全日本事前テストに突入で4週連続。
最後は大本番の全日本選手権の5週連続ですがな。。。^_^;

     
     全日本1週間後のAPでのスクールには西山もインストで参加。  空が凄い!!

激動の全日本が終わればGW突入!!で、誰がRSGのスケジュールを組んだか知らんけど(苦笑)、GW中に3つサーキットでそれぞれスクールイベントをやりきり脱け殻となったミナキです。。。
全日本もいい天気で観客も来ていたし、RSGイベントもキャンセル待ちが出るほどのにぎわいで本当にありがとうございます!!

          
            サポーターの皆さんいつも応援ありがとうございます! 
            皆さんのおかげでRSGはレースが出来ています。

さてさて。。。全日本選手権に参戦した西山尚吾、岡本雄一郎、東野賢悟の3選手は、今年も確実にレベルを上げ進化してくれた。
それぞれの目標があった訳で納得はしていないだろうけど、まずは『進化』これしかない。
進化の先に目標達成があるわけだからね。 

                                                       

日々進化なんて出来なくていいと思う。 1ヶ月でも進化出来なければ1年単位でいいじゃない。
1年前の自分より平均点が進化していればそれでOK!。。。でもこれって実はすっごく大変なんだ。

伸び盛りは日々進化する。 もちろん伸び盛りにいかに伸びるかはとても大切。。。でもそんな時期って長くは続かない。 
日々進化、レースごとに良くなれれば誰だって頑張れる。。。
1ヶ月前の自分から変ってなかったり、もしかしたら退化していたり。。。そんな中で進化するためのモチベーションを持ち続ける事がどれほど大変か。。。そのモチベーションに栄養を与え続けるのがボク(コーチ)の役目だ。
もちろんコーチを信じて、地道な作業をやり続けられ我慢強さが選手には必要で、スポーツという「体育会系」的な事をやっていながら、最終的には「職人気質」ってやつかな。。。それも「変化を求める職人気質」を持っている選手が数年後には1ランク上のところにいる。

これ以上どうやったら進化出来るのか。。。選手は皆思う事だけど、どんな選手も伸び白は無限大。
ライディングを見たら問題点はすぐに分かる。 一般のライダーが出来ないことと、レーシングライダーが出来なくて進化が止まっている事の要因は8割がた同じなんだ。

スクールで毎年何百人ものライディングを見るにつけ、ライダーがコーナーリングに対して持っているイメージと、本当に必要なイメージが間違っていたり、正しいポイントで必要な操作をしていなかったり(これもイメージの違いで起こる事も多い)で、多少の違いこそあれレーシングライダーも同じ間違いや同じ悩みを持っている。
なのでレーシングライダーに対してボクがしているアドバイスは、いつもスクールに参加していただいているライダーの皆さんのおかげなんだ。。。感謝感謝。

                                                      
そんなアドバイスをどう自分の中に取り込むかが問題。。。言葉なので捉えようによって解釈は変ってしまうからね。  「こうしろ!」と言ってやらせても「なぜそうなのか?」を理解していないと全く進化しないからボクとライダーとの話はいつも長くなる。 走行後はライダーがミーティングの順番待ちをしている事もしばしば(笑)。

                                                             
そしてもっと難しいのが「なぜそれがいいのか?」を理解しても、「自分のライディングがどうなっているのか?」が客観的に分かっていないと直しようがないこと。
RSGでは自分のライディグをイメージするためのミーティングや練習方法をしつこくやる。 
自分を分析出来ていない選手に対していくらアドバイスしてもほとんど意味をなさないからね(これはこちらもツライ。。)。
逆にいえば自分を見れる選手は、正しいアドバイスをどんどん取り入れてどんどん進化する。
岡村光矩は最初からこのセンスに優れていたね。

感性だけの選手はすぐに頭打ちしちゃうよね。 乗るセンスは多少劣っても、今の自分を「進化」させられる選手は数年後には必ず上にいるよ。 気合だけで走れるのは数年だけ。。。ほんともったいない選手が多いと思う。 レース界の損失だよね。。。


どんな選手でも必ず進化させ続ける事は出来るけど、それにはまず自分を知る事。
走ってる自分をもう一人の自分が客観的に観察出来るようになる訓練が必要です。
イチロー選手、北島選手、羽生選手。。。トップアスリートは自分を客観視する能力に長けている人が多い。 これも能力の部分もあるけど意識と練習方法である程度は変えられる。

ライダーがレーシングスピードで走っている間は一人きり。誰も近づいてその瞬間をアドバイスしてあげる事は出来ないからね。 これが他のスポーツとの大きな違い。
だから最終的にはライダー自信が、自分自身のコーチになるしかないんだ。  


まだまだトップクラスは遠いけど、来年また彼らの進化を見たいものです。

『進化』こそ全て・・・







2014/05/10 (土) 14:51 | -
- | comments(0)



福岡モーターショウにブースを出しています。




ブースと言っても、会場の外に『親子バイク教室』を主催する岩本さんと合同での展開なんですが今年は景気の影響か来場者が凄いですね〜
サーキットにこの10分の1でも来てくれたら・・・。2年前も同じ事をつぶやいていたような(笑)。
今年もRSGは一人でも多くサーキットフリークを増やす活動をしていきますよ〜!!



まずは・・・サーキットスクールでライディングファンを増やし・・・
そして・・・RSGのインストラクターやライダーの人が出てるなら・・・ちょっと見に行こうかな・・・と思わせといて。
最後に・・・わぁ〜レースって面白〜い!!と感動させる。 (しめしめ・・・笑)
この作戦にハマっていただいた人たちが既に数十人!
今年もサーキットでお待ちしていまよ〜(^^)/





さてさて、2014年のRSGレーシングの体制がやっと決まりました。

まずは国際ライダーから・・・

昨年全日本選手権AP大会で7位に入賞し、九州選手権のチャンピオンを奪還した西山尚吾選手。
今年はチーム名が『RSG&ドリーム北九州レーシング』となり、引き続きST600クラスに出場します。今年も全日本選手権スポット参戦と九州選手権に出場します。
ウエットコンディションの全日本オートポリスでは、トラクションを切らさない走りが最大限に生かされ、とてもレベルの高い走りを見せてくれました。 しかしドライ路面ではそのライディグが仇となっているので「安定と不安定」を上手く取り入れれれば更に上を目指せるはず!







そして岡本雄一郎選手は今年が本当の勝負の年です。
他チームから移籍した一昨年はレースには出場せず、正しいライディングを固める事に専念しました。 そして昨年はついに新生岡本としてフルエントリー。最終戦ではレース中のベストラップを記録するなど成長を見せてくれました。
あとはメンタルをどう安定させるか。そこの成長があれば本当のレーシングライダー岡本の誕生です!







そして東野賢吾選手も同じくST600で全日本選手権スポット参戦と九州選手権への参戦です。
かれは資金的になかなか思うような練習が出来ていませんが、RSGのインストラクターとして活躍してくれています。 ライディグをレクチャーする事が彼のライディング理論を構築させ練習不足をカバーしてくれているので、今年は更なる上のレベルへ上がってくれると期待しています。







そして国内クラスは・・・

ドリーム北九州所属でRSGサポートライダーの岩波史人選手は国内ST600クラスに参戦予定。
今年も基本に忠実に頑張りましょう!

RSGは今年も鈴鹿4耐に参戦予定です。
しかしライダーはまだ未定。。。募集中です!!



そしてCBRカップ・・・

中学2年生の本川楓くんがスパ直入とHSR九州のシリーズに参戦し鈴鹿を目指します。
ミニバイクからのステップUPなのでしっかりスクールで練習して確実にレベルをあげて行きましょう!
他に有田選手と足立選手もCBRカップに参戦予定です。

現在RSGには、中古のCBR250Rのレース車がありますので参戦者を募集しています!
一緒に鈴鹿を目指してみませんか!?




そして昨年は「Faitoツキギレーシング」にレンタル移籍でアジア選手権を戦っていた岡村光矩選手は、今年はRSーITOHに移籍し全日本選手権を戦います。
昨年は乗り慣れたCBRからZXRに乗り替えて苦労していましたが、アジア選手権APで走りを見たところビックリするほどライディングの幅が広がっていました。色々とチャレンジをしたお陰でしょうね。
カワサキ2年目をトッププライベーターのRS-ITOHからの参戦ですから大活躍を期待しています。
引き続き彼の応援をよろしくお願いします!





まずは、2月8日、9日の恒例の合同練習から今年も長いシーズンが始まります。
今年もRSGレーシングをよろしくお願いします!!




写真の大部分は『WITH BIKE』さん提供です。
いつもありがとうございます<m(__)m>。






 


2014/01/28 (火) 00:13 | -
- | comments(1)
 
いやはや早くも12月も中盤・・・
いよいよ残るは恒例の走り納め、レンタルエイプ&ミニバイクの耐久ゲームだけとなりました。

ブログの更新回数でその年の経過スピードを測れるような気がします(苦笑)。。

今年は全日本選手権を転戦しなかったので時間はあったはずなんだけど、やっぱりあるものは使っちゃう!!(笑)。

イベントとショップでやはり色々と忙しい1年でしたね。

手前みそですが年間30回以上サーキットでスクールをやっているボクほど、ライダーのライディグを見ている人は全国でもそうはいないと思います。 プラス、レースの時のボクの居場所はピットではなくコース脇だしね・・・。

・・・なので本当は発信したい事は山ほど!!!!

というか。。発信しないといかんでしょう!!という義務感が強いのよ・・・実は。

ボクらインストは、教えてるつもりで実は教えられてるんです。 だからそのフィードバックをしなければ!!という気持ちが強い。






★こういうアドバイスをすれば上手く乗れるようになるんだ! ← 参加者に教えられている。。。ありがとうございます!

★この操作の理屈はこういう事だったんだ!  ← 参加者の質問に答えながら気が付いている。。。
オイオイ(笑)。

★こんなバイクだとこういう症状に出るんだ。 だからこんな乗り方になってるんだ! ← 参加者のバイクに試乗して。。。怖い思いも時々・・(汗)。

★メンテすると普通のライダーでもちゃんと乗れるようになるんだ!  ← ショップでメンテをしてその後のライディグを目の当たりにして。。。なかなか原因が分からずボクらも意地になったりね。





こんな感じで参加料をいただきながらこちらが教えてもらってる?! う〜んこれはフェアではないね〜(笑)。 
で冒頭の発信しないと! という気持ちにもなるんです。


そして。。。バイクやレースはボクの人生を最高に豊かにしてくれた物です。

何者でもなかったボクが歩きはじめられたのも。。。関東人だったボクが素晴らしい九州に居ついたのも。。。つちのこさんとの出会いも。。。RSGな人たちに出会えたのも。。。全てがここから。

だからこの素晴らしいモータースポーツ(バイクに乗る事=モータースポーツ)をしている人が。。。より怖くないように ⇒ より楽しくなるように ⇒ ワクワクするほど楽しめるように! こんな感じになってもらえたらサイコーだな。

そしていつまでも乗るためには怪我をしないように。。。バイクは実は生涯スポーツなんですよ。
「ワクワクするほど楽しめる」ようなコツを掴めば70歳になったって「より楽しく」位には充分乗れるはず!
もちろんボクは乗ってるつもりですが、参加者でそれを実証しないといけませんな。
また実験台にされてるって怒られそう。。。


さすがにシーズンオフには発信しないと言動のつじつまが合わなくなるからね。
しばらくは、頑張って発進 GO!!!!!






 


2013/12/10 (火) 12:13 | -
- | comments(3)
(原稿書きに追われているミナキに代わって代筆です)

HPのサイドバーに<メディア>のバナーを張っているのをご存知ですか?

現在九州ライダーズマガジン【with BIKE】に執筆中のライディングDr.ミナキですが、

今週書いているのは前号に続いての話。(あ、正確には隔月で連載中!)


なので次号が出る前に、再度こちらを読んでいただきたいですね。


目からウロコ!

バイクに上手く乗れないのはコレが理由だった その





どうですか?

今はその△鮗紘中です。

楽しみにお待ちくださいね。





 


 


2013/11/03 (日) 11:18 | -
- | comments(1)
ほんとうに4耐はいい勉強になりますね。

ライダー二人はこんなに登ってたんだ!
こんなとこにカントが!
と感動?しきり(笑)。




2013/07/25 (木) 18:16 | -
- | comments(2)



今年から九州選手権のパドックでOGKカブトとコラボでサービスブースを出しています。
ただサービスと言っても全日本選手権開催時のようなメンテナンスサービスは出来ませんが、シールドや内装の消耗部品や転倒でダメージを受けた外装パーツを準備しています。一般の方にも販売しますので観戦がてらお立ち寄りください。


最近では全日本選手権でも秋吉選手を始め使用するライダーがどんどん増えているOGKカブト。
レーシングサービスも今後益々充実させる方向で話を進めているので、来年は全ての九州選手権でメンテナンスサービスが実現するかも!?




九州選手権でもOGKカブトライダー
増殖中!


2013/07/10 (水) 22:08 | -
- | comments(0)